医療法人の役員には、以下の者はなることができません。

機関構成を考える際の参考にしてください。

  1. 成年被後見人または被保佐人
  2. 医療法、医師法、歯科医師法その他医事に関する法令の規定で罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなってから2年を経過しない者
  3. 2に該当する者を除き、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者
  4. 医療法人との間に取引関係のある営利法人の役職員

上記はいずれも、医療法人の公益性、非営利性という目的から求められる要件です。